痛みなどについて

脂肪吸引手術の痛みはどのくらいなのか、また、どの程度続くのかをご紹介します。

手術後3日間は辛抱の時

脂肪吸引をした後の痛みは手術中の麻酔が切れると痛み出します。
よく言われているのが筋肉痛程度の痛み、というものですが、個人差がありますので、もっと痛い場合も多々あるようです。
あまりにも痛みがひどい場合には、痛み止めを処方してくれます。
痛みはおおむね3日間程度続きます。
脂肪吸引といっても、外科手術ですので、痛みを伴うのはある程度仕方のないことだと言えるでしょう。

手術後の腫れや内出血

脂肪吸引をした部位に腫れや内出血が起こります。
これは、カニューレを挿入したときに毛細血管などを傷つけてしまうためです。
また、腫れに関しては個人差がありますので一概には言えませんが、おおむね3週間程度で良くなってくるようです。
腫れに関しては、圧迫装具を着用すると回復が早くなるそうです。
試してみる価値はあると思います。
内出血に関しても手術後の経過とともに改善されいきます。
あまり心配なようでしたら、迷わず主治医に相談してみましょう。

微熱・その他

脂肪吸引は正常な毛細血管なども吸引してしまうため、傷ついた身体は早く元に戻そうとする免疫反応を現わします。
そのため微熱などが出る場合があります。
その時には、素人判断で熱さましなどを飲まず、主治医の指示に従って薬を処方してもらってください。
ともあれ、信頼のできる医師のいる美容外科で脂肪吸引を行うことが一番ですので、手術後のアフターケアまでしっかりと診てくれる美容外科で脂肪吸引をするようにしましょう。

このページの先頭へ