脂肪吸引の方法

脂肪吸引の手術の方法の代表的なものをご紹介します。ご参考にしてください。

カニューレ法

カニューレ法とは、カニューレと呼ばれる細い管を使って脂肪吸引する方法です。
このカニューレには何種類かの太さがあり、脂肪吸引する部位によって違ってきます。
現在最も普及している脂肪吸引方法です。
具体的な方法としては、シワ等のある目立たない部分からカニューレを挿入し、脂肪吸引をします。
脂肪細胞そのものを吸引しますので、ダイエットのようにリバウンドしたりする心配はありません。

超音波脂肪吸引法

この方法による脂肪吸引は、一般的なカニューレ法に加えて、カニューレに超音波の振動を加える方法です。
超音波の振動を加えることにより、脂肪細胞が柔らかくなり、より効率的に脂肪吸引を行うことができます。
これまで、困難とされていた部位にも対応することが可能になりました。
また、超音波の刺激により、たるみが少ない脂肪吸引手術ができるようになりました。

クリスクロス法

クリスクロス法による脂肪吸引では、今までは取りきれなかった脂肪細胞も吸引できるようになりました。
それは、複数箇所からカニューレを挿入して、クロスさせるように脂肪吸引するためです。
これまでは、取り残した脂肪細胞により仕上がりが凸凹になってしまったりするトラブルがありましたが、この方法が開発されてからは、そのようなトラブルが少なくなりました。
カニューレを挿入する部位が複数になりますが、目立たない箇所から挿入しますので、術後の傷跡の心配もありません。

このページの先頭へ