手術後の流れ

一般的な脂肪吸引手術の流れをご紹介します。

まずはカウンセリングから

最初はカウンセリングです。
医師にあなたの悩みや脂肪吸引に対する不安などを遠慮なく質問してみましょう。
そうすることにより、どのくらい親身になって相談に乗ってくれるかどうかで、その美容外科の善し悪しがある程度判断できると思います。
この段階では、まだ手術をすると決めたわけではありませんので、セカンドオピニオンも視野に入れておくことをおすすめします。

検査が終わったら、いよいよ脂肪吸引です。

先に述べた検査が終わると、いよいよ脂肪吸引です。
術式は美容外科によってさまざまですが、どの美容外科も美しい仕上がりになるように超音波脂肪吸引法やクリスクロス法など工夫された方法を用いています。
しかし、脂肪吸引が終わったらそれで終わりというわけではありません。
後に述べるアフターケアも美しい仕上がりを実現するための重要なファクターです。

アフターケアも重要です。

脂肪吸引をした後のケアも美しいボディラインを作る重要な段階の一つです。
では、具体的に見てみましょう。
脂肪吸引の後で一番重要なことは吸引した部分の圧迫です。
手術当日は包帯できつく圧迫されていますが、その後はサポーターなどを使い1週間は圧迫し続けます。
また、マッサージも必要になってきますが、これは、術後の腫れが引いた後で行います。
手術を行った美容外科でアフターケアをしてもらうのが良いと思います。

このページの先頭へ