デメリット

脂肪吸引に関するデメリットもあります。ここでご紹介します。

医師の腕がモノを言う

脂肪吸引での仕上がりの良し悪しは、医師の腕にかかっています。
担当する医師の経験が豊富なほど理想的でかつ、痛みの少ない脂肪吸引が実現できます。
ですので、脂肪吸引をする場合には、確かな技術と経験を持った医師のいる美容外科で行うようにしましょう。
決して、値段で選んではいけません。
カウンセリングから執刀までトータルに関わってくれる信頼できる医師のいる美容外科で脂肪吸引を受けるようにしましょう。

費用がかかる。

脂肪吸引の手術中は麻酔が効いていますので、当然痛みは感じませんが、手術後の痛みは、よく筋肉痛のような痛み、と言われています。
痛みは個人差があるようですが、1週間から1ヶ月程度続くようです。
動きにともなって痛む場合もあるようです。
また、脂肪吸引は健康保険適用外ですので、費用もそれなりにかかってしまいます。
決して安くはありません。
脂肪吸引に望む際には、じっくりと良い美容外科を選びましょう。
また、吸引できるのは脂肪細胞ですので、いわゆる「メタボ」のような内臓脂肪は取ることはできません。

手術であるということを念頭において。

脂肪吸引の失敗例としては、仕上がりが凸凹になってしまったり、傷跡が大きく残ってしまったりなどの例が多く見られます。
これらは、ひとえに医師の技術不足からなる結果ですので、脂肪吸引をする場合には、経験の豊富な医師を選ぶようにしましょう。
また、最近では高度で安全な医療機器が出ていますが、脂肪吸引といっても麻酔を使う手術ですので、それなりのリスクが伴うことも念頭に置いておく必要があります。

このページの先頭へ